松山ブンカ・ラボ

PROGRAM

プログラム

ワークショップ
シリーズ これまでとこれからの松山の文化を考えよう

文化をつくるワークショップ~松山市文化芸術振興計画ってなに?(全5回)

ファシリテーター>
進行:戸舘正史(愛媛大学社会共創学部寄附講座助教、松山ブンカ・ラボ ディレクター)
ゲスト:伊藤裕夫(文化政策研究者)(11月19日(金)、12月17日(金))、中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)

松山市文化芸術振興計画(平成30年3月策定)は文化芸術活動をするひとたちを支援し、福祉、教育、まちづくり等をはじめ、わたしたちの生活のなかに、文化芸術の発想や視点を活かしていくための計画です。「文化芸術振興」について学び、対話を通して、市民の手で計画を活かしていくための方策を考えていきます。


「文化をつくるワークショップ」振替日程のお知らせ
延期とさせていただいた「文化をつくるワークショップ」第5回につきまして、振替開催日が2022年3月4日(金)19時~21時に決定いたしました。この度はスケジュールに変更が生じてしまい、申し訳ございません。
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
(2021年10月12日)

「文化をつくるワークショップ」1回目の延期のお知らせ
9月13日(月)から愛媛県が感染対策期に移行しましたが、会場である坂の上の雲ミュージアムが当面の間、臨時休館となっております。また、愛媛大学も対面による講義、事業を本格的に再開させていません。
以上二点を受けまして、9月17日(金)の第1回目を延期することになりました。第1回目は10月15日(金)とさせていただきます。追加の日程については検討中です。決定次第お知らせいたします。
スケジュールに変更が生じてしまい、申し訳ございません。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
(2021年9月13日)

ファシリテーター

  • 戸舘正史
    (愛媛大学社会共創学部助教、松山ブンカ・ラボディレクター)

    静岡県袋井市月見の里学遊館・企画スタッフ(2007‐2012)、アーツカウンシル東京・調査員(2012‐2014)、群馬県前橋市アーツ前橋・教育普及担当学芸員(2014-2015)、一般財団法人地域創造・芸術環境部専門職(2015‐2018)、2018年6月より現職。都民芸術フェスティバル(音楽部門)外部評価員、東京都港区文化芸術活動サポート事業調査員、港区文化芸術ホール参与等を務める。日本文化政策学会会員。共著に『芸術と環境』(論創社、2012)等。専門は文化政策、アートマネジメント、教育普及(芸術)、公立文化施設運営、労音研究など。

  • 伊藤裕夫
    (文化政策研究者)

    静岡文化芸術大学教授、富山大学芸術文化学部教授を経て、現在はフリーの研究者。静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科、立教大学大学院21 世紀社会デザイン研究科等の兼任講師の他、日本文化政策学会会長を務めた。現在は同学会理事、(公財)舞台芸術財団演劇人会議評議員。

  • カテゴリ
    ワークショップ
  • 開催日
    ①10月15日(金)、②11月19日(金)、③12月17日(金)、④1月28日(金)、⑤3月4日(金) ※(9月17日)の日程が変更となりました。
  • 開催時間
    19:00~21:00
  • ファシリテーター
    進行:戸舘正史(愛媛大学社会共創学部寄附講座助教、松山ブンカ・ラボ ディレクター)
    ゲスト:伊藤裕夫(文化政策研究者)(11月19日(金)、12月17日(金))、中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)
  • 会場
    坂の上の雲ミュージアム 会議室
  • 定員
    20名
  • 参加料金
    無料
  • 申し込み・お問合せ

    松山ブンカ・ラボ
    tel:080-9833-9869
    お申込み http://bit.ly/2QTO4zT