松山ブンカ・ラボ

PROGRAM

プログラム

アートプロジェクト
文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉

(展覧会)初めてのインスタレーション「思い出のミニシアター」

<企画>

永井誠一(劇団夕刊元気印 主宰)

市民から公募したアイデアを磨き上げ、松山ブンカ・ラボと共に実施する文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉では、永井誠一企画による「思い出」をテーマにした展覧会「初めてのインスタレーション~思い出のミニシアター」を開催します。4週にわたり、各週テーマと展示内容を変えて、永井と市民がともに展示を構成します。光や影で彩られた空間をお楽しみください。

第1週 テーマ「表現との出会い」 2022年12月11日(日)~12月16日(金)
第2週 テーマ「家族」 2022年12月18日(日)~12月23日(金)
第3週 テーマ「華」 2023年1月15日(日)~1月20日(金)
第4週 テーマ「旅立ち」 2023年1月22日(日)~1月27日(金)

企画者メッセージ
この度は、このような発表の機会をいただきありがとうございます。技術ワークショップの企画が、このような形になるなんて・・・。我ながら驚いています。
私の表現活動は、演劇に携わった高校から始まりました。大学で来県し、演劇部に参加し、その後仲間と劇団を結成して公民館の一室から1,000人のホールまで様々な劇空間を舞台照明や音響・映像などを駆使して作成してきました。職としても文化芸術分野に携わって来ることができました。
今回は、「表現」に欠かせない裏方、照明や音響について簡単な装置を用いて、「市民の思ひ出を表現に」をテーマに、市民の方々と一緒にそのストーリーと品々で空間を作成いたします。是非ともご覧いただき、「それぞれの思い出」と表現方法の一端にお気づきいただきたく思っております。


松山ブンカ・ラボ 文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉
松山市文化芸術振興計画に基づく事業を展開する松山ブンカ・ラボでは、松山の文化活動を活性化するため公募型協働プログラム「文化サポートプログラム 〈らぼこらぼ〉」を実施しています。
採択された提案企画を応募団体とブンカ・ラボが共にブラッシュアップしていき、共同主催によって開催しています。

企画

  • 永井誠一
    (劇団夕刊元気印 主宰)

    1962年広島県福山市生まれ、大学進学とともに来県、愛媛大学演劇部にて活動。
    在学中から仲間と一緒に 劇団日曜日や劇団夕刊元気印を旗揚げ、ラフォーレ原宿松山、公民館、内子座、愛媛県県民文化会館にて、多数の公演を実施。現在劇団は、休止中、再開予定あり??
    また、県内の文化芸術団体にて勤務、舞台技術や文化事業の企画、運営に携わる一方で表現に使用する技術について研究、普及に努めている。

  • カテゴリ
    アートプロジェクト
  • 開催日
    第1週 2022年12月11日(日)~12月16日(金) 第2週 2022年12月18日(日)~12月23日(金) 第3週 2023年1月15日(日)~1月20日(金) 第4週 2023年1月22日(日)~1月27日(金)
  • 開催時間

    平日 11時~15時
    日・祝 13時~17時

     

  • 休館日

    土曜日、年末年始(12/24~1/14)

  • 企画

    永井誠一(劇団夕刊元気印 主宰)

  • 会場

    PAAC 平和通りアートセンター(物語カフェかまどねこ2階)

    (松山市平和通1-1-2)

    ※駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。

  • 入場料金

    無料

  • お問合せ

    松山ブンカ・ラボ
    tel:080-9833-9869

    愛媛大学社会共創学部 松山アートまちづくり寄附講座