松山ブンカ・ラボ

PROGRAM

プログラム

ワークショップ
文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉

小さな美術教室を行き来する廊下のようなオンラインネットワーク 第5回

ファシリテーター>
土山あやか(子ども造形アトリエnekko)、深澤孝史(美術家)

松山ブンカ・ラボの文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉参加者の松山市在住の土山あやか(子ども造形アトリエnekko)と、全国で作品やプロジェクトを発表し続けている札幌市在住の美術家・深澤孝史によるオンラインプロジェクトです。日本中にある子ども向けの「アトリエ」や「美術教室」は、目的、活動内容、運営方法まで多種多様です。このプロジェクトでは、各地のアトリエや美術教室をオンラインで繋ぐことで新たなネットワークを作り、美術教室に関わる当事者同士、あるいは美術教室に興味のある方との出会いや体験を共有することを目指しています。
今回は愛媛県にある美術教室「子どもの居場所&みんなの寄り道(こどみん)」と「創造アトリエ あぷりこっと」それぞれの活動にオンラインを通じて体験し、最終日には2日間で起きたことを振り返りながら交流を深めます。

内容
「大川理恵さんの美術教室の現場に寄り道してみよう」
① 美術教室・寄り道オンライン1 【子どもの居場所&みんなの寄り道(こどみん)】
日時:2021年5月13日(木)15:15~17:00
オンラインで「こどみん」の活動を覗いて、やってくる小学生と一緒に話をしたり、遊んでみたりしてみます。

② 美術教室・寄り道オンライン2 【創造アトリエ あぷりこっと】
日時:2021年5月15日(土)10:15~12:00
「あぷりこっと」では通う子どもたちが自分の作りたいものを作る活動をしています。オンラインでつなぎながら、参加者自身がそれぞれやりたい創作活動をしてみます。

③ 小さな美術教室を行き来する廊下のようなオンラインネットワーク
日時:2021年5月26日(水)19:30~21:00
「こどみん」と「あぷりこっと」をオンラインでつないで体験したことを共有し、振り返ります。

対象
・(小さな)美術教室を運営している方(オンラインも含む)
・小さな美術教室を始めてみたい方
・小さな美術教室に通っている方
・美術教育や制作に興味がある方
※これまでの回に参加していない方もご参加頂けます。

第5回について
今回の「小さな美術教室を行き来する廊下のようなオンラインネットワーク」は、愛媛県伊予郡松前町で美術教室を運営している大川理恵さんの現場にオンラインで参加し、その様子をみんなで振り返って見たいと思います。
大川さんは2パターンの美術教室を運営しています。1つめは月謝制の美術教室「あぷりこっと」で自分の好きなテーマを決めて、子供たちがそれぞれの制作を行っています。もう1つは自宅の納屋で行っている平日の放課後小学生が自由に寄り道していく無料の美術教室「こどみん」。お金をとる美術教室だと、お金に余裕があるとか、工作が好きとか、一定の層にしか届かないという問題が生じるので、無料で自由に立ち寄れる場所を始めることで、美術教室を運営する上で生まれる自分のモヤモヤのバランスを取っているとおっしゃっていました。今回は2パターンの美術教室をオンラインでつなぐ「寄り道オンライン」のプログラムを実施します。ZOOMで「こどみん」と「あぷりこっと」つないで、覗かせていだきます。それぞれの特徴に合わせてオンライン越しで活動に参加してみます。
振り返りでは録画した活動記録を見ながら、メインプログラムと野良の2つを行き来する仕組みを自分なりに考えた大川さんの活動を軸にいろいろ話したいと思います。

深澤孝史(美術家)

子どもの居場所&みんなの寄り道(こどみん)の様子

創造アトリエ あぷりこっとの様子


※文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉とは
松山ブンカ・ラボが企画提案者と業務提携を結び共に催す事業プログラムです。
ワークショップ、公演、展示、講座、調査研究などジャンルを問わず公募し、2020年1月に5団体が採択されました。
2020年度は新型コロナウィルスの影響で延期したプログラムがありますが、2021年度も継続して行う予定です。
(採択団体:めぐりて、SCHOP PROJECT、人形浄瑠璃 伊予源之烝、土山あやか、ダンスカンパニー yummydance)

ファシリテーター

  • 土山あやか
    (子ども造形アトリエnekko)

    1977年愛媛県生まれ。
    2009年より子ども造形教室の講師。友人と作ることを楽しむユニット「ne++ko」を組み、子ども向けのワークショップを開催する。現在は自宅で「子ども造形アトリエnekko」を開き、子ども達と一緒に活動している。

  • 深澤孝史
    (美術家)

    1984年山梨県生まれ。札幌在住。誰かの大切なものを勝手に大切にする方法を考える。2008年に鈴木一郎太とともにNPO法人クリエイティブサポートレッツにて「たけし文化センター」を企画。自身のとくいなことを運用し公を模索する《とくいの銀行》(2011-、取手アートプロジェクトほか)、里山に民泊し、土地特有の近代化の資料を集めていく《越後妻有民俗泊物館》(2015、第6回大地の芸術祭)などを企画、制作。大阪北部の人口減少の続くニュータウンで「無縁仏」をテーマにした映画を撮影し、空き家を映画館として開く《NEW TOWN MY HOME THEATER》(2019、のせでんアートライン)など。

  • カテゴリ
    ワークショップ
  • 開催日
    ①2021年5月13日(木) ②5月15日(土) ③5月26日(水)
  • 開催時間
    ①15:15~17:00 ②10:15~12:00 ③19:30~21:00
  • ファシリテーター
    土山あやか(子ども造形アトリエnekko)、深澤孝史(美術家)
  • 会場
    オンライン(zoom)
  • 定員
    なし
  • 参加料金
    無料
  • 申し込み・お問合せ

    松山ブンカ・ラボ
    tel:080-9833-9869
    お申込み http://bit.ly/2QTO4zT

    zoomのURLは申し込んだ方にメールでご案内します。